親戚の結婚式に電報を送る場合、形式を様々ありますが、まったく文例もわからず送るべきではありません。
いくら親せきと雖も、礼儀は重要になります。
そこで最低限の文例を知っておく必要があるでしょう。

親戚の結婚式に電報を送る時の注意点と文例は?

親戚の結婚式に電報を送るときの言葉遣いは、丁寧語にすることが多いですが、目上の親戚であれば当然丁寧語を使いましょう。

例えば、母親の兄の子供が自分より目上の場合は、丁寧語を用いるのが一般的です。
また、いくら自分より年下の親戚であっても、あまり身近な関係にない相手であれば丁寧語を使うのが一般的になります。

丁寧語のパターンは、「ご結婚おめでとうございます。夫婦ともに力を合わせ幸せな家庭を築いてください。」と言った内容や「ご結婚おめでとうございます。すてきな相手とで会えてうれしく思います。お幸せに過ごしてください。」などになります。

内容はそれほどかたくする必要ありません。
あくまで二人の結婚を祝う意味合いの文章であれば問題ないでしょう。

親戚結婚式の電報文例

父方の親戚で、父の兄の子供の一人が結婚をするというので、外国に住んでいて出席できないので祝電を送ることにしました。
小さい時には父の実家に行ったときなどによく遊んだので、結婚をするということを知って電報を送りました。

よく知っている親戚に送る電報ですが、相手の方のことはあまりよく知らないので、失礼がないように砕け過ぎた内容にならないように丁寧な言葉遣いの祝電の内容にすることと、秋だったので季節感も感じられる電報にしました。

文例

ご結婚おめでとうございます!
ふたりのアツアツぶりがニューヨークにも伝わってきて、森が赤く色づいています。
明るいご家庭を築かれますようにお祈りしています。