友達の結婚式に電報を送る場合、注意しなければならないこともありますよね。

例えば、結婚式を理由により欠席しなければならない場合、お祝いのメッセージとともに祝電をおくると相手に気持ちがしっかりと伝わる事でしょう。

友達の結婚式に電報を送る時の注意点と文例は?

友達の結婚式は大切な人の大事なお祝いの席であるため、礼儀やマナーはきちんとわきまえておくことが必要です。

重ね重ね、たびたびは「忌み言葉」の言葉といわれ、お祝いの席で使用されるのはタブーとされています。折角の素敵なメッセージも、その一言で場の雰囲気を悪くしてしまいます。

お友達からの電報という事で、ある程度カジュアルな文章であると、相手との普段のお付き合いの様子も感じられて良いでしょう。

親密さに合わせてさらに二人にしか分からないエピソードを組み込むのも良いでしょう。

但し、文字数が多くなりすぎるのも良くないので、短い文章ながらも気持ちの伝わる文にすると良いでしょう。

友達・友人の結婚式電報文例

電報文例としては・・・

○○さん、今日は二人の輝く姿を見る事ができず残念です。

いつもの優しい笑顔で旦那様をつつんであげてくださいね!

2人の幸せがずっと続きますように。
などがあります。

1

高校時代から付き合いのある友達の結婚式電報を送りました。

高校を卒業してから数年に一度会う程度の仲でしたが、それでもたまに会う程度の関係は続いていたので、結婚を祝うために電報を送ったものです。

当時は互いに遠くに住んでいて簡単に結婚式には行けませんでしたので、代わりに祝電を送りました。

結婚式の場に送る祝電である以上、昔からの友達だからといっても、あまりになれなれしいくだけた文面は不適切です。それでも、あまり堅苦しく形式的な文面になりすぎないように、文面のさじ加減に注意をしていました。

文例

お二人の前途を祝し、ご多幸とご健勝を祈念申し上げます。という堅苦しい挨拶はともかく、昔ながらのキャラを生かしつつ、幸せが長く続きますように。

友達・友人の結婚式に出席出来ない時の電報文例

2

大学時代、同じサークルで、同じ学科で勉強をともにした友人に送りました。

本来ならば結婚式に出席したいところでしたが、出産した直後だったので出席することができなかったので、結婚式のお祝いの電報を送ることにしました。

自分の結婚式のときに、たくさんの電報をもらってうれしかったので、友人が読んだときに嬉しいと思ってもらえるような内容にしようと思いました。

形に残るものなので、あまり奇抜な内容にせず、シンプルなものにしました。

文例

結婚おめでとう。今日のウェディングドレス姿、見ることができなくて残念です。
ぜひ今度、ご主人と一緒に我が家に遊びにきてね。待ってます!お幸せに!

遠くに住む友人の結婚式に送る電報文例

3

結婚式に招待していただいたのですが日程の都合がつかず電報を送りました。

自分の結婚式の時も、招待したが来れないという方にサプライズで電報をもらって嬉しかったので、それ以降よく友人の結婚式で出席できない時は電報を送ります。

異性の友人だったので、お相手や親族の方に不快な思いをさせないように馴れ馴れしい呼び方や内輪話は省きました。

メッセージだけのものではなく、受付を華やかに飾ってもらえるようにプリザーブドフラワーがついた電報を選びました。

文例

ご結婚おめでとうございます。ご招待いただいたのに出席できず残念です。今度ゆっくりと幸せな新婚生活の様子を伺いに遊びにいきます。その時はよろしく!