結婚式ということからすると、おめでたい席で披露される電報ですから、多少の型破りは許されるところですが、主人公が上司ともなると、やはり一定の形は整えることと、崩れ過ぎは後日に面倒なことになる可能性もあるので、注意が必要です。

上司の結婚式に電報を送る場合の注意点

一般的な文例にプラスする場合は、上司やお相手の方の年齢なども配慮した方が賢明と言えますし、場合によると、上司やお相手の方のお家の関係、たとえばご商売をされているとか、郷里で有名な家柄であるとかも考えるのが良いということになります。

上司の結婚式に電報を送る一般的な文例としては

「この度は、ご結婚、まことにおめでとうどざいます。職場の仲間とともに、ご新婚家庭にご迷惑をお掛けしないよう、一生懸命仕事に励むますので、これからもご指導の程よろしくお願いいたします」

プラスの文例としては

「ご新婚旅行中は、お電話などは一切いたしませんので」とか、
「ご旅行からお帰りの際には、ご家族が増えていることを期待しています」

というような、少し微笑みを誘うようなセリフが入っていてもいいと言えます。

実際に先上司の結婚式に送った電報文例

5

パート先でお世話になっていた上司の結婚式に電報を送りました。

結婚式にはパート職員までは招待されないので、私を含めた4人のパート仲間と一緒に電報を送ろうと相談しました。

上司の結婚相手も同じ職場の人だったのであわせて全員から1通の電報としました。

職場恋愛のお二人だったので、馴れ初めや普段の雰囲気は周知されていたので、かしこまった文面にならないようにしました。

新郎の弱点を軽く暴露するような内容にし、場内が明るくなり、できるだけ笑ってもらえるような文面にしました。

文例

本日はおめでとうございます。仲睦まじく寄り添うお二人の笑顔が花咲くような毎日が、これからも続いていきますように。

5

パート先でお世話になっていた上司の結婚式に電報を送りました。

結婚式にはパート職員までは招待されないので、私を含めた4人のパート仲間と一緒に電報を送ろうと相談しました。

上司の結婚相手も同じ職場の人だったのであわせて全員から1通の電報としました。

職場恋愛のお二人だったので、馴れ初めや普段の雰囲気は周知されていたので、かしこまった文面にならないようにしました。

新郎の弱点を軽く暴露するような内容にし、場内が明るくなり、できるだけ笑ってもらえるような文面にしました。

文例

本日はおめでとうございます。仲睦まじく寄り添うお二人の笑顔が花咲くような毎日が、これからも続いていきますように。

7

職場の上司(女性の上司でした。私が初めて勤めるようになったところでお世話になった、上司でした。周囲の女性の皆さんは、皆さんそろって良い人でしたが、とりわけわりと仲良くさせて頂いたうちの一人でした。今も時々思い出します)

私たち部下はそれぞれ、祝電を送りました。

相手の旦那さんのことについては、私たちは紹介されなかったのでまったく知らない状態でした。

とは言え、失礼がないように、NTTの電報の見本から時間をかけて、一番良さそうなものを探しました。

文例

ご結婚おめでとうございます。きっと美しい花嫁姿ではないかと思います。
見られないのが残念です。
お二人がいつまでもお幸せでいますよう、心からお祈りしています。
これからも何かと頼りにすることがあると思いますが、宜しくお願いします。